こちら、デリバリーサービスです!

こちら、デリバリーサービスです!

宅配サービスといえばピザやラーメンが主流でしょうか。今や、ファミレスやハンバーガー、ケンタッキーなども始めているサービス「デリバリー」。 coopなどの宅配サーボスも利用者が増え、筆者も活用しています。もっと活用したい方に、それぞれのサービスについて説明していきます。

デリバリー

デリバリー (delivery) とは、日本では主に「食事の配達・出前」のことを指す言葉である。 多くの業者がデリバリー事業に乗り出しており、デリバリーの代名詞とも言えるピザを初め、イタリア料理、中華料理、お好み焼き、弁当、うどん、寿司に至るまで非常に幅広い。現在ではスーパーマーケットもネットスーパーを通じて、出来合いの弁当・総菜のデリバリーに乗り出している。一般的に、ラーメン・そば等の食堂型店舗による配達は出前と呼ばれ、「デリバリー」は店内に飲食スペースの無い配達専門のチェーン店で、ポスティングやインターネットでメニューを見て電話で注文するような業者に使用されることが多いが、両者の区分は曖昧である。また、客が自ら店舗に出向いて商品を持ち帰ることはテイクアウトと呼ばれる。

主に都心部に全デリバリーチェーン店の90%以上が集中していることから、ある意味都会型のレストラン形式と言っても過言ではない。そのためデリバリー業務のみを行うピザチェーンなどは、地域に展開していなければその地域の住人はその業者の製品を食べることは出来ない。またデリバリーには配達圏内が指定されており大手であっても東京23区のようにムラ無く展開されていない場合は都心でも不可能になる。日本においてのデリバリーの歴史は浅く、1985年にドミノ・ピザ日本1号店が東京・恵比寿でオープンしたことに始まる。尚、うどん、ラーメンといった、いわゆる出前は江戸時代から存在している。

デリバリーは基本的に明確な住所が定まっており、注文する当人と通話可能な電話番号があればたとえ公園であろうと路上であろうと、その場所を圏内とする店舗から商品を受け取ることが出来るが、受け取る場所がデリバリーの商品を受け入れない場合は無理である(例:レストラン、ホテル、駅プラットホーム、スタジアム、パーキングエリアなど)。また省庁や公共機関、警備が厳重なマンション、ホテル、オフィスビルなどの場合はたとえ身分証明できる配達員であったとしても入館を許可されないことがあるため、注文をする前に自身の住む(働く)建物に配達員が入って来ることが可能かを知らなければならない。また表札、インターホンなどが無い場合は到着時間が通常より伸びると考えてよい。彼らは携帯電話を常に持ち歩いているので「着いたら電話して欲しい」旨などを注文時に告げることも可能。

多くのデリバリー業者は一回注文のあった顧客の名前・電話番号・住所を控えているが、個人情報保護法執行の為、原則として注文する人間が諸情報をもう一度言わなければならない。尚、顧客情報は厳重に管理されており、業務員であっても業務外に持ち出すことは堅く禁じられている。

営業の特徴

デリバリーシステムはそれを利用する顧客にとって自宅にいながら食事を受け取れるため、その利便性から発達してきた。そのような特性から「人々が外出するのが嫌な状況下」においては注文が非常に集中する。天候は最も明確な例であり、晴天時と雨天時の混雑具合の開きは大きい。その他、サッカー日本代表戦や野球中継の有無なども過度に影響を及ぼす[要出典]。また冠婚葬祭や各種イベントなども例外ではなく、クリスマスはピザチェーン最大の繁忙日と言われており、年末の企業仕事納め日などもオフィス街を配達圏内に持つ店舗は多忙を極める。オーソドックスな混雑は土日祝日のピークタイムで、それに悪天候や人気スポーツ中継[要出典]などが加われば混雑状況は加算される。逆にいえば、イベントが無く晴天の平日で、尚且つランチタイムでもディナータイムでもない時間帯に注文をすれば迅速に商品を受け取れる可能性が高いということである。

また他のレストラン同様、デリバリーチェーンも立地により客層が大きく異なり、配達時間や混雑状況などに明確な違いがでる。例えば東京の都心部(港区や中央区など)を商圏を持つ店舗の場合、注文の多くが法人・事業所からのものであり、特徴として客単価が非常に高く配達件数が少ない。そしてオフィス街の為土日祝日は他の店舗ほど混雑しない。逆に郊外のベッドタウンを抱える店舗の場合は個人が主な客層となる為、客単価は安く配達件数が多い。そして土日祝日、クリスマス、年末年始などに混雑のピークを迎える。個人のユーザーにも地域ごとに特徴があり、例えばベッドタウンでは家族持ちのユーザーが多いのに対し都心部では一人暮らしの人が多い。その他、青山や六本木などには欧米外国人、新宿などにはアジア系外国人のユーザーなどその地域性が客層に強く反映する。

注文から商品受け取り時間の大よその目安は30〜40分前後である。しかし上記のような特性から環境によってその時間は長くなることがある。例えばクリスマスのディナータイムに注文をすれば2時間以上待たされることも可能性としては十分有りうる。注文時に推定配達時間を質問することが可能で、従業員も率先して時間をこちらに告げてくる場合が多い。30〜40分前後なら正常、1時間で混雑、1時間以上で超混雑、2時間以上で店舗の処理能力を超えている状態、と大よその目安を付けることができる。

主なデリバリーチェーン

デリバリー注文サイト

買い物難民

買い物難民(かいものなんみん)とは、郊外型の大規模店との競争や深刻な不況による経営難などから、従来型の商店街や駅前スーパーなどの店舗が閉店することで、その地域の住民(特に高齢者など車を運転できない人々や、インターネットを利用できない人々)が生活用品などの購入に困るという社会現象、またはその被害を受けた人々を指す言葉。「難民」という言葉に対して買い物弱者という言葉を使うケースもある。

地元店舗の衰退原因

地元住民における、住宅地の徒歩・自転車圏内での小売を担ってきた商店街や駅前スーパーの衰退の原因として、

などが挙げられる。また従来の店舗の大小で競争する形式だけでなく、「駅前スーパー」対「郊外型ショッピングモール」など大規模店舗同士による競争、中にはアメリカのウォルマートの事例のように、

  1. 大規模店が出店する
  2. 経営を圧迫された地元の商店街が衰退する
  3. その後、不採算を理由にその大規模店も閉店する
  4. 結果として地域の商業活動が破壊されて地域住民が買い物難民となる

というケースもあり、主にモータリゼーションが高度に発達し、消費者の行動範囲が広い地方でこの傾向は強まっている。

それまでの商店やスーパーが設置されていた住宅地は、人口そのものについては横ばいか、わずかな減少に留まっており、購買人口はそれほど減少していない。購買層の高齢化により、食欲の旺盛な子どもや中高生、勤労者の居る世帯と食が細い高齢者だけの世帯とでは食料類の購入額は決定的に差があり、購買人口が減少していないのに商店・スーパーが撤退する理由の一つとなっている。

また、全国商店街振興組合連合会(全振連)に加盟する商店街の店舗も、2009年(平成21年)3月末で11万0,961店となり、最盛時の1997年(平成9年)に比べて約4万2,000店も減少しており、商店街自体も400か所近くが減少しており、商店街の「シャッター通り」化や身近な店の消失は、特に高齢者などの交通弱者に影響を与えている。また日本国内でも、商店街衰退の原因となった大型店舗が撤退することで、上述したアメリカのウォルマート撤退のケースと同様の問題が生じることもある。

デリバリーの種類

サービス一覧

デリバリーサービス一覧